案内 問い合わせメール

iDesigniLASIKと他の違い


アイデザインアイレーシックは、「視力」はもちろん「見え方」の質も高めます

同じ「視力」でも「見え方」は違います。下の2枚の写真は、視力1.2という2人のそれぞれの「見え方」例です。 アイデザインアイレーシックはあなたの目が持つ潜在能力を引き出し、「見え方」の質を高めます。


クルマの運転がより快適に安全に、夜間のクリアな見え方も実現します

従来のレーシック手術では、夜間にまぶしく感じたり、光が拡散してにじんだり、ぼんやりと見えたりすることがありました。
アイデザインアイレーシックはこれらの問題を改善しました。
アイデザインアイレーシック体験者によると、夜間の視力が良くなったと答えた人は、通常のレーシック手術の4倍でした。



アイデザインアイレーシックの安全性

米国の臨床試験においても、アイデザインアイレーシックは安全で有効な視力矯正治療であると確認されています。



高次収差について

眼の中に入る光の成分には、低次収差(近視・遠視・乱視の成分)と指紋と同じようにすべての方で異なる高次収差があります。
高次収差とは光が目の表面の角膜から目の中に入り、水晶体を通過して網膜に届くまでそれぞれが持つ目の形状によって微細にゆがんでしまうことです。
メガネやコンタクトレンズで低次収差を矯正することはできますが、高次収差を矯正することはできません。
同じ"視力"でも人によって"見え方"が異なるのは高次収差の違いによるものです。
高次収差が少ない方はクリアに見え高次収差が大きい方は判別ができますがすっきり見えません。
この高次収差を矯正することができれば、その方にとって最も快適な"見え方"になると言われています。


イントラレーシックの場合、近視・遠視・乱視の度数によってレーザーの照射量は変わりますが、一定のパターンで照射するもので、矯正できるのはメガネやコンタクトレンズと同じように低次収差のみです。
それに対してアイデザインアイレーシックの場合は高次収差を解析してレーザー照射を行うプログラムが組み込まれているので、同じ視力でも高次収差が少なく、イントラレーシックより"見え方の質"が向上します。
高次収差を測定するために、天体望遠鏡の開発技術である” Wavefront テクノロジー” を応用した技術、WaveFront システムが iDesignR: に内蔵されています。
この iDesign advanced WaveFront システムは、従来の5倍、最大1257ヶ所もの測定ポイントを直径7mmの瞳孔上に設置し、低次収差と高次収差を測定します。


iDesigniLASIKデメリット

アイデザインアイレーシックは近視・遠視・乱視以外の細かな歪みに合わせて角膜をエキシマレーザーで削るので、イントラレーシックに比べるとレーザーの照射量が増える場合がございます。
そういった方の場合、角膜の厚さによってはアイデザインアイレーシックが受けられない場合があります。


〒731 山口県周南市新町1-25-1 TEL 0834-33-1313 広田眼科クリニック 院長 広田 篤

©2013 Hirota EYE CLINIC. All Rights Reserved.