案内 問い合わせメール

EVA白内障・硝子体手術装置

世界最小の切開創(27G)で、硝子体手術が可能な、白内障・硝子体手術装置EVA(DORC社)を導入いたしました。手術の対象疾患は、黄斑前膜、黄斑円孔、黄斑浮腫、網膜剥離、糖尿病網膜症などです。
これまでの切開創は、0.65mm(23G)程度でしたが、0.4mm(27G)となり、手術による侵襲は極めて少なくなり、基本的に無縫合で手術を終えることができます。
高速カッターも以前の5000回転から8000回転にアップし、切除効率が上がっていることから、手術時間の短縮も可能となりました。

EVAの導入により、これまで以上に安全で低侵襲な硝子体手術を提供できます。

灌流液用チューブ、照明器具、硝子体カッター、硝子体鑷子などの太さが27G(径0.4mm)となり、より低侵襲で安全な手術が可能となりました。

〒731 山口県周南市新町1-25-1 TEL 0834-33-1313 広田眼科クリニック 院長 広田 篤

©2013-2016 Hirota EYE CLINIC. All Rights Reserved.